Placenta Navigation Web

プラセンタのサプリメントやコスメを比較&検証!
メインイメージ

プラセンタで美しく!

プラセンタは日本語で「胎盤」を意味します。
胎盤は、母体から胎児に栄養素を送る為に欠かすことのできない器官。
これがないと、胎児は成長することができません。
そんな神秘的なパワーを持っている胎盤から抽出したエキスが「プラセンタエキス」です。

各種ビタミンやミネラルをはじめ、活性ペプチドや各種アミノ酸、核酸、酵素、成長因子(グロースファクター)などが含まれています。
非常に多くの栄養素が含まれていることから「栄養の宝庫」とも呼ばれており、美容や健康維持に活用されています。

最近では、数多くの化粧品、サプリメント、ドリンクに配合されるようになった注目の成分です。

色々な製品がある!

プラセンタには、美容やエイジングケアを実現する圧倒的なパワーがあります。
いつまでも若々しく輝いていたい女性にとっては心強い味方と言えるでしょう。

中には「効果なし」や「太る」「副作用が不安」といった意見も見かけますが、プラセンタに満足のいく実感を得ることができていない場合、「選んだ製品が悪い」あるいは「使い方が間違っている」というケースが多い様です。

プラセンタ製品は数多くの会社から何種類も登場しています。
当然、原材料も様々ですし、加工や製造方法も様々です。

となれば、品質にも差が出てきます。

品質の悪い製品を使っても、なかなか期待通りの実感は得られません。
それが「効果なし」の背景になっているのかも・・・

また、使い方も重要なポイントです。
サプリメントやドリンクは医薬品ではなく、あくまでも健康食品です。
継続することで、パワーを感じることができます。

その点を意識しながら、製品を選び・使うことで、しっかりと実感を得ることができるでしょう。

安全性について

サプリメントやドリンク、スキンケアに使われているプラセンタエキスの原材料は、豚由来、馬由来の2種類。

「牛や羊などの反芻動物の胎盤をプラセンタの原料にしてはいけない(2001年)」という、厚生労働省からの狂牛病問題に関連する通達以降、豚あるいは馬由来のプラセンタしか使用されていないのです。

豚由来・馬由来プラセンタは、非常に安全性が高いという点が評価されています。
健康食品である為、副作用の危険性も極めて低いと考えられています。

また、「安全管理を徹底しているメーカーの製品を選ぶ」ことで、安全性はさらに高まります。 どんな工場で製造されているか、どんな原材料を使用しているか、トレーサビリティは確保されているか、などを確認してからサプリメントを選びましょう!

製品の選び方

上記のとおり、プラセンタは「製品のクオリティ」によって実感度と安全性が大きく左右されます。
そこで、ここでは製品選びの際に覚えておきたいポイントを整理しました!

含有量

一日あたりの摂取目安量にプラセンタはどの位含まれているかを確認しましょう。
最低でも一日あたり180mg以上確保されているものを選びたいところです。

純度

プラセンタ以外にアレコレと混ぜ物が入っていれば、当然のことながら実感度は下がります。
できるだけ純度が100%に近い製品を選びましょう。(ex.Tp200

原材料

原材料となるプラセンタは、どんな環境で育ったものかをチェックしましょう。
豚由来ならSPF豚、馬由来ならサラブレッド由来などが安心・安全です。
トレーサビリティが確保されていれば、さらに理想的でしょう。

品質管理

どんな工場で製造されたのかというポイントを確認しておきましょう。
GMP認定工場で製造されている・鮮度管理も徹底されている等の条件が揃えば理想的です。
合成添加物が使用されていないか確認するのも大事なポイント!

インターネットを活用しよう!

上記のとおり、プラセンタ製品を購入するときにはチェックしておきたいポイントがいくつかあります。
その為、製品を購入するときはインターネットを活用するのがお薦め。

ネット通販なら、購入前に含有量や純度、原材料などを詳しく確認することができます。
さらに、品質管理体制などもチェックできるので、製品の概要を十分に確認した上で購入することが可能になるのです。

また、ドラッグストアなどの店舗よりもキャンペーンなどで割引が適用されるケースが多いのもポイント。
ネット限定の「お試しセット」が購入できることも多々あります。

これらの理由から、購入時はインターネットを活用することを強くお薦めします。

ランキングを活用しよう!

「色々比較して慎重に選んだ方が良いのは分かった。だけど、どれを選べば良いか分からない。」
そんな人はランキングを活用してください。
もちろん、厳選された高品質な製品だけがランキングに登場しているので「効果なし」といった失敗をすることもありません。